News Archive

NTTデータエンジニアリングシステムズ、ものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space」の3次元CADデータ管理機能に「CADdoctor」のモデル検証・修復機能を搭載

2017.09.05ニュース

―NTTデータエンジニアリングシステムズとエリジオンが3次元CADデータ品質管理サービスの提供でアライアンスを締結

株式会社エリジオン
株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ

  • NDES_エリジオン

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズ(本社:東京都大田区西蒲田、代表取締役社長:木下篤、以下 NDES)と株式会社エリジオン(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:矢野 裕司、以下 エリジオン)は、このたび製造業向けの3次元CADデータ品質管理サービスに関するアライアンス契約を締結しました。

これを受け、NDESはものづくり業界向けクラウドサービス「Manufacturing-Space(※1)」にエリジオンの3次元CADデータ変換・活用支援ツール「CADdoctor(※2)」および「ASFALIS(※3)」の3次元CADデータ処理エンジンを搭載し、2017年9月19日にデータ品質管理サービス『CADデータチェッカー』として新たにサービス提供を開始します。

背景

近年、ものづくり現場においては3次元CADによる設計・製造が主流となっており、ものづくりの製造過程においてさまざまな種類の3次元CADシステムが利用されています。これらのシステム間での3次元CADデータ授受においては、フォーマットの違いを解決するために中間フォーマットでのデータ授受が一般的となっています。データの授受の過程では中間フォーマットを介することで3次元CADデータの品質が劣化し、面データの欠損や形状の歪みのような多くの問題が発生します。製造業者は、この問題箇所を修正するのに多くの手間と時間を費やしているのが現状です。

概要

このたび、「Manufacturing-Space」に新たなサービスとして提供をする、データ品質管理サービス『CADデータチェッカー』は、3次元CADデータの授受で発生する形状破損などのトラブルを「CADdoctor」の3次元CAD処理エンジンを用いてチェックし、より品質の高い状態に自動修復します。利用者は、従来のように受け取った3次元CADデータの品質を細かく確認し、不良箇所を3次元CAD操作で修復するといったトラブル対応作業を行う必要がなくなり、直ちに目的の作業に取り掛かることができるようになります。

  • CADデータチェッカー_NDES_エリジオン

特長

3次元CADデータの品質チェック

利用者は、取引先や設計部門から受け取った3次元CADデータを「Manufacturing-Space」上のデータコンシェルジュサービス(※4)に登録することで直ちに3次元CAD処理エンジンを起動し、データの品質チェックを行うことができます。データ品質チェックの結果は、品質レベルに合わせてデータコンシェルジュ上に青・黄・赤のシグナルで表示され、利用者はデータ品質の良否を直観的に判断することができます。

3次元CADデータの不良箇所自動修復

3次元CADデータの品質チェックで不良と判断されたデータを指定し、不良内容のレポートを確認することができ、さらに不良箇所を自動修復することができます。

対象フォーマット

NDESが提供する3次元CAD/CAMシステム(Space-E(※5))のMDPフォーマットと、異なるCAD/CAMシステム間でのデータ授受に利用される中間フォーマットであるSTEPおよびIGESに対応します。

利用料金

3次元CADデータの品質チェック

月額利用料 : 無料 (データコンシェルジュサービスの利用契約が必要)

データ品質管理サービス『CADデータチェッカー』

月額利用料① : 50,000円 (スポット利用の場合)

月額利用料② : 30,000円 (年間契約した場合)

Manufacturing-Space サービス概要イメージ図

  • Manufacturing-Spaceサービス概要イメージ図_NDES_エリジオン

データ品質管理サービス『CADデータチェッカー』契約数の目標

「Manufacturing-Space」のユーザーを対象に、3年間で250社の契約を目標とします。

今後について

今後はエリジオンの「ASFALIS」の持つ機能の内、ふたつの3次元モデルを比較して設計変更箇所を抽出する「モデル比較機能」と、解析ソフトや金型設計で利用するためにモデル形状を簡略化する「モデル簡略化機能」を「Manufacturing-Space」に搭載し、拡張サービスとして2018年3月を目標に順次サービス提供を行う予定です。

※1 Manufacturing-Space は、NDESが提供する3次元CADデータを含むデータ管理および設計・製造業務への有効活用を実現するものづくり業界向けクラウドサービスです。

※2 CADdoctor は、3次元CADデータの変換や品質チェック、自動修正等の機能を集約したエリジオンが提供するデスクトップツールです。

※3 ASFALIS は、プロダクトライフサイクルに係る全ての部門をつなぐエリジオンの統合ソリューションです。

※4 データコンシェルジュサービスは、Manufacturing-Space上でさまざまなデータを管理・共有するためのデータ管理サービスです。

※5 Space-E は、NDESが提供する金型業界向け3次元CAD/CAMシステムです。

※「Manufacturing-Space」は株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズの登録商標です。

※「CADdoctor」および「ASFALIS」は株式会社エリジオンの登録商標です。

株式会社NTTデータエンジニアリングシステムズについて

1977年に日立造船(株)の情報システム部門を分離して設立され、2006年に(株)NTTデータの完全子会社となりました。設立以来、国内初の金型業界向け3次元CAD/CAMシステムの製造、販売を開始し、現在ではクラウド技術を利用したサービスの提供を実施しています。

Scroll