ASFALIS

3Dデータ変換と最適化のためのトータルソリューション

ASFALISは、プロダクトライフサイクルに係る全ての部門をつなぐ、マルチCAxの統合ソリューションです。 設計部門で作成して出図した製品設計3Dデータを、関連部門に素早く適切なデータフォーマットに変換して送ることができます。 製品設計データ授受に係る煩わしい作業がなくなるため、設計部門と後工程との間でタイムラグの無いスムーズな情報伝達が可能になります。 異なるCAD/CAM/CAEツール間でのデータ授受は、エリジオンの高品質な3Dデータ変換技術により、解析や製造準備に必要な情報を漏れなく伝達し、完全なコラボレーション環境を提供します。

機能概要

設計・製造を貫く3次元図面活用のための、3Dデータ変換・活用技術

ASFALISは、コンポーネントを自由に組み合わせ、それぞれの企業組織やプロセスに応じた柔軟な3Dデータの変換・流通システムを構築することができます。 ASFALIS製品は、システムのフロントエンドとなるASFALIS Controller、ASFALIS MultiCADCenter、および各種コンポーネント(ASFALISアダプタ、ASFALISオプティマイザ、ASFALISビューワ)で構成されます。 ASFALISアダプタ、ASFALISオプティマイザの各コンポーネントはASFALIS Controllerに含まれるELYSIUM CANVAS™と呼ばれるインフラストラクチャによって統合、連携されます。 また、各コンポーネントの処理フローは、CANVAS Scriptとよばれるスクリプト言語で記述されます。 ELYSIUM CANVAS™を介して、Webサービスやデータベース等のカスタマイズされたアプリケーションと、ASFALISの各コンポーネントを連携させることができるため、ユーザの運用環境に柔軟に組み込むことが可能です。

ASFALISのデータ処理機能と使い方

ASFALISのデータ処理機能

ASFALISは、高品質な3Dデータ変換や属性変換、3D図面変換など、3Dデータに対する高度な変換や最適化機能を搭載しています。

ASFALISの3つの使い方

シングルユーザ向けのデスクトップ・アプリケーションからネットワークを通じたコラボレーションシステムまで、ASFALISはさまざまな使い方ができます。

導入事例

トヨタ自動車株式会社様
アイシン精機株式会社様
株式会社高津製作所様
キヤノン株式会社様
Scroll