DFM Studio

CADモデルの設計品質を自動検証

DFM Studioは、CADモデルの生産性・加工性・成形性など、製造に関わる設計品質を自動で検証するツールです。検証結果は用途に合わせ、ご利用中のCADソフトウェアやWebブラウザ、3D PDFなど多様なツールで閲覧・共有することができます。

  • DFM Studioの検証結果をCADソフトウェア上で表示させた例

DFM(Design for Manufacturability)とは

製品設計の段階で、製造のしやすさや実現性を考慮する手法です。設計データを元にしたCAEや試作による製造可能性の検証に比べ、コストや時間を大幅に低減することが可能です。

DFMを実現するためには、製品設計者が製造要件をすべて把握し、製造工程で不具合を発生させないモデルを最初から設計できるのが理想です。しかし現実には、設計者が自身の専門外である製造技術を深く理解し、製造に必要な要件を漏れなくCADモデルに反映させるのは困難です。

DFM Studioは、企業やベテラン技術者が持つ独自の検証ノウハウをシステム化することでDFMの実現をサポートし、設計者の負担を取り除くとともに、製造プロセス全体の効率性も向上させます。

DFM Studioの二つの強み

2. 非形状のCAD情報を有効活用

パート名・フェースの色・アセンブリ構造・属性・UDF情報・PMIなど、CADデータが持つあらゆる情報を活用することで、高い精度での検証を実現します。

DFM Studioによる検証結果

標準パッケージでの検証例

ボス
ボス
穴周辺肉厚
穴周辺肉厚
厚肉部位
厚肉部位

カスタマイズによる検証例

加工穴面間距離
加工穴面間距離
サイドピン
サイドピン
クランプ座形状
クランプ座形状

DFM Studio導入のメリット

自動化による省力化

従来、設計者が膨大な手間と時間を掛けて行っていた検証作業を自動化することができます。
設計者の負担が大幅に低減し、より付加価値の高い、攻めの設計に従事することが可能になります。

設計品質のバラツキ低減と検証プロセスの高速化

目視では困難な徹底した設計品質検証を、スピーディに実行できます。
検証プロセスの効率化は、開発から製造までの生産リードタイム全体の短縮にも寄与します。

社内ガイドラインの実用化

DFM Studioでは、一般的な生産要件に関するチェック項目に加え、ユーザが独自の項目やしきい値を柔軟にシステムに組み込むことができます。
すでに生産要件をガイドラインとして体系化している企業においては、DFM Studioにそのガイドラインの内容を組み込むことで、ガイドラインの実用化が図られます。
一方、ガイドラインが定められていない企業では、DFM Studioでの検証項目やしきい値などを検討する過程でおのずと自社のノウハウを整理することができ、形骸化しない実用性の高い仕組みを構築することができます。

Scroll