InfiPoints

点群からCADへ ― BIMソフトとの連携も自由に

3Dスキャナと点群データ処理ソフトで実現する、工事プロセスのイノベーション

InfiPointsは、現場のリアルな状況とコンピュータ上のバーチャルな空間を融合する点群データ処理ソフトウェアです。3Dレーザースキャナで計測した大容量の点群データをパソコン上で見て現場を確認したり、点群からCADモデルを作成してBIMソフトやCADに受け渡し、従来のモデリング作業を省力化したりするなど、これまでの工事プロセスやシミュレーション業務にイノベーションをもたらします。

FARO、ライカ、ペンタックス、リーグル、トプコン、Z+F、DotProductなどの多様な3Dレーザースキャナのデータを取り込むことができるほか、InfiPointsで処理したデータをBIMの中間ファイルフォーマットやRebro・EYECADといったさまざまな設備CAD用のファイルフォーマットで出力できる点もInfiPointsの特長です。

リニューアル施工準備に関するお困りごとをエリジオンの点群処理ソフトが解決

お困りごとの例

  • 保存されている図面と現場の状況が異なるため、一から図面を作らなければならない
  • 古い建物や設備の図面が残されておらず、施工検討に手間がかかる
  • 2D施工図を作成するために、現場に何度も何度も足を運んで採寸しなければならない
  • 高い場所を計測するのに足場を組むなど、工事のたびにコストをかけて大掛かりな準備をしなければならない
  • 高温の設備など危険な箇所に近づけないため、計測もできず、施工図が作れない
  • 手描きメモや写真を元に計画しているが、現場で設備や配管のサイズが合わないなど手戻りが多い
  • リニューアル施工は施工図作成に手間がかかるため、新築工事に比べてBIM導入が進んでいない
  • 3Dレーザースキャナを購入したが、点群データを活用しきれていない

InfiPointsがあればワンストップで点群処理ができる

InfiPointsは、点群データの入力から出力までの一連のプロセスをすべてカバーする多彩な機能を搭載しています。そのため、複数のソフトを使用してデータの入出力を繰り返す必要がありません。

InfiPointsの機能が持つ3つの特長と導入メリット

高速・高精度

  • 3Dレーザースキャナで計測した大規模な建物やプラントの点群データでも、オフィスのパソコンで手軽に見られます
  • 建物や設備の採寸をパソコンで正確に行えるため、現場確認のために何度も足を運ぶ必要がありません
  • 複数点群データの合成も高い精度で実行でき、出力されるレポートを使ってその精度を関係者と共有できます

自動化

  • 複数箇所から計測した点群データの位置合わせを自動で行います
  • 円柱や平面の形状を点群から自動で抽出します。抽出した形状を利用することで、一から配管・設備・鋼材などをCADモデル化するのに比べ、手間と時間を大幅に減らせます

シームレス

  • BIMソフトや設備CADのための多様なファイル形式でのデータ出力ができます
  • BIMソフトや設備CADなどとシームレスなデータ連携を実現し、新築だけなくリニューアル施工でも3Dデータを活用した新しいワークフローを構築できます
  • 点群から作成したモデルの形状だけなく、長さや径などのパラメータを受け渡すことが可能です

InfiPointsの導入効果の例―工事プロセスの効率化

InfiPointsは、3Dレーザースキャナで計測した点群データを最大限に活用することで、従来の工事プロセスにおけるすべての工程での業務効率化をサポートし、施工準備の省力化、手戻りの削減、施工期間の短縮を実現します。

導入企業様による活用事例

東洋熱工業株式会社様
新菱冷熱工業株式会社様
株式会社竹中工務店様

点群処理ソフトのモデリング機能とBIM連携機能が実現する施工準備の効率化

従来、プラントや船舶など大型構造物の現場をCADモデル化するためには、現場で配管・設備・鋼材の採寸を繰り返し行い、その情報をもとにオペレータが手作業でモデリングする必要がありました。

InfiPointsは、3Dレーザースキャナで現場を計測した点群データから、自動で円柱・平面形状を抽出する機能を搭載しています。また、抽出した形状をもとに、InfiPoints上で設備・配管・鋼材などを簡単にモデリングすることができます。

作成した形状は、長さや径といったパラメータとともにBIM用の中間ファイルフォーマットや各種CAD専用フォーマットに出力することができ、お使いのBIMソフトや各種CADソフトに受け渡すことが可能です。その際BIMソフトやCADでは、InfiPointsで作成したモデルを編集することができるため、現況図の作成のためのモデリング作業を大幅に効率化することができます。

複数点群データの合成精度を保証

通常、大規模な構造物を3Dレーザースキャナで計測する場合、複数箇所からスキャンを行います。そのため、計測データを活用する際にはまず複数のデータを合成する必要があります。

設計者にとっては、点群処理ソフトでこの位置合わせ作業を効率的に行えることに加え、その精度を施工前に定量的に把握できることが重要です。

InfiPointsは、3Dレーザースキャナでの計測時に現場に設置した基準球やチェッカーボード、さらに点群から自動認識した特徴形状を利用して、高い精度で位置合わせを行う機能を搭載しています。また、位置合わせを行った後はその精度をグラフや数値で示し、さらにレポートファイルとして出力する機能も備えており、それをもとに適切な施工準備を行ったり、関係者で精度を共有したり、将来に備えて保存したりすることができます。

なお、InfiPointsでは、ターゲットを使用せずに計測した点群データだけでも、点群データの特徴形状を用いた合成処理を行うことが可能です。

求められる精度や時間的な制約などに合わせ、施工ごとに、柔軟に作業方針を決められる点もInfiPointsの特長です。

  • 位置合わせ誤差のカラーマップや定量値等を表示した例

InfiPointsの機能概要 ― 5つの基本機能

InfiPointsの基本機能は、「データ読み込み」「データ前処理」「シミュレーション」「モデリング」「成果物作成」の5つで構成されています。点群データを活用するための多様な機能をワンストップで提供します。

データ読み込み

構造物全体で数百ギガバイトを超えるようなデータでも軽快に表示することができます。またFARO、ライカ、ペンタックス、リーグル、トプコン、Z+Fといった主要な3Dレーザースキャナに対応しています。

データ前処理

3Dレーザースキャナで作成した複数の点群データを自動で位置合わせを行い、スキャン時に映り込んだノイズを自動除去したりすることができます。

シミュレーション

設備の配置や搬入出ルートの検討や計画モデルと工事結果の比較など、点群データやCADデータを用いて多様なシミュレーションを行うことができます。

モデリング

点群データから平面・配管を抽出し、短時間かつ正確に自動で3D CADモデル化します。

成果物作成

点群データから高品質な2D画像を出力します。出力画像は紙に印刷して距離や寸法の計測に利用することができます。

土木・プラント・製造業・学術など多様な業界に広がる点群活用の先進事例

首都高技術株式会社様
株式会社坂海工業所様
トヨタ自動車株式会社様
松江工業高等専門学校様
東北大学総合学術博物館様
Scroll