PARTNERS

BIMモデルの作成時間を半減 — リニューアル施工の省力化を実現

業界:建設製品:InfiPoints

東洋熱工業株式会社様

東洋熱工業は、空気調和設備などのリニューアル施工の省力化のために、3Dスキャナによる計測とInfiPointsの自動点群処理機能、さらにはBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)ツールを組み合わせた新しい施工手法を確立しました。現場採寸から図面作成までを手作業で行っていた従来の手法を変更することで、より効率的かつ高品質なサービスを提供しています。

従来のリニューアル施工の課題

東洋熱工業は、空気調和設備・換気設備・排煙設備等の設計・施工・保守を主な事業として行っています。

客先の施設内で既設の設備を取り替えたり新たに設備を設置したりする際には、現況をもとにした施工図を作成します。その際に過去の施工内容が示された図面を利用できれば施工図作成をスムーズに始められますが、多くの場合は図面が保管されていなかったり、図面があったとしても正しい内容ではなかったりするため、必ず作業員が現地に出向いて採寸・確認を行います。

現地調査は手作業で進められるのが一般的です。高いところや人が近づきにくい場所は直接採寸することができないため、大がかりな足場を組むといった手間と費用が発生します。また、最初の現地調査で採寸しなかった箇所を、後日あらためて現地に出向いて調査し直すことも頻繁に起こります。

東洋熱工業は、リニューアル施工の課題の一つとしてこうしたプロセスの省力化に取り組みました。

3DスキャナとBIMツールを用いた新たな手法に挑戦

施工前の手作業での現場調査の改善は、施工プロセス全体のリードタイムの短縮につながります。そこで東洋熱工業は、3DスキャナとBIMツールを用いた新たな手法の構築に取り組みました。

3Dスキャナは施設内の壁や配管などの位置情報を計測し、点群データとしてコンピュータ上に再現するためのレーザー計測機です。手作業による採寸に比べて現場の様子を抜け漏れなく正確に捉えられるという特長があります。

計測した点群データはBIMツールに取り入れられ、施工図作成に活用されます。

点群データをBIMツールに読み込むことで、オペレータがBIMモデルの作成時に参考資料として閲覧することができます。ただし、点群を参考にするだけでは、一つ一つ手作業でモデリングするという従来のプロセスと変わりがありません。特に大規模な構造物では、モデリングに多くの工数がかかります。したがって、本来の目的であるリニューアル施工の省力化を実現するには、点群データをBIMツールにインポートするだけでは不十分です。

3DスキャナとBIMツールを連携させ効率的なプロセスを構築するには、点群データからCADモデルを自動で作成し、オペレータの作業量を大きく削減するソフトウエアの導入が不可欠でした。

  • 新たな手法に挑戦東洋熱工業は、手作業での採寸・モデリング・施工図作成から点群データを利用した手法への変換に挑戦

InfiPointsによる自動化でモデリングの作業時間が半減

そこで東洋熱工業は、大規模な点群データでも軽快に操作でき、画面上での採寸機能、平面・配管部分を自動で抽出してモデル化する機能を備えたInfiPointsを採用しました。特にInfiPointsのモデリング機能を最大限に利用することで、それまで手作業で膨大な時間と手間がかけられていた施工図作成の省力化を図りました。

  • 施工図作成時間の短縮化のイメージ

まず3Dスキャナで計測した点群データをInfiPointsに読み込み、設備や配管などを自動でCADモデル化します。次にこのCADモデルをNYKシステムズのBIM関連ツールRebroに受け渡し、モデルを編集しながらBIMモデルを作成します。

その結果、すべてのモデルを手作業で作成したデータと比べても、完成したデータや資料の品質を下げることなくモデリングにかかる時間を半減させることができました。

  • 東洋熱工業が構築した施工図作成フロー東洋熱工業が構築した施工図作成フロー。InfiPointsとBIMツールRebroを組み合わせることで、
    手作業でモデリングする従来の方法に比べ、BIMモデル作成にかかる時間が半減

作業内容の事前共有にもInfiPointsを活用

InfiPointsには、既存設備を取り除いた状態や新しい設備を設置した場合の現場の状況をコンピュータ上でシミュレーションする機能も搭載されています。東洋熱工業では、このシミュレーション結果を施工関係者内であらかじめ共有することでも施工省力化を図っています。

東洋熱工業は、今後も設備改修や天井改修などのリニューアル案件にInfiPointsを活用し、より効率的な施工プロセスの確立を目指していく方針です。

Scroll