ASFALIS

ASFALISのデータ処理機能-コンポーネント

ASFALISは、ユーザの利用形態に合わせてフロントエンドのシステム構成を選ぶことができます。

どのシステム構成でも、高品質な3D-CADデータ変換や、属性変換、3D図面変換など高度な3D CADデータに対する変換や最適化機能を利用することができます。

高品質な3D CAD変換

ASFALISの基本コンポーネントであるASFALISアダプタにより、各種CADのファイルを異なるCADのファイルやカーネル形式のファイルに変換します。エリジオン独自の高度な形状処理技術により、各CADシステムのデータ構造やトレランスの違いを補完することで、高い変換率を実現します。

また変換後には変換品質保証レポートを自動作成することができます。変換品質保証レポートを活用して変換前後のマスプロパティ(体積、表面積、重心位置)の比較をすることで、実行した変換の妥当性を容易に確認できます。

  • NXからCATIA V5への変換。ASFALIS アダプタのNX ENF Writerにて、
    NXデータをエリジオンの中間フォーマットENFへ変換し、CATIA V5 ENF ReaderにてCATIA V5データに変換

各種情報の変換と柔軟な編集

CADに保持されている色、レイヤおよびバージョン、材料名、ユーザ定義属性などの属性情報をCADからENF、またはENFからCADへ変換できます。また、データ引き渡し先の要望に合わせて、特定の要素を別のレイヤにまとめる、データに付与された属性情報を編集する、といった自動処理を自由自在に設定することができます。

  • 例1: データ引き渡し先の命名規則に合わせて属性情報を一括編集
     (1)属性の削除 (2)属性値の置換 (3)属性の追加 (4)属性キー名に接頭文字を追加 (5)属性キー名の追加と属性値のマージ
  • 例2:フェース属性として付与した加工情報を取引先のルールに基づく形状色に変更
    (上図の例では、平面加工を青色、穴加工を赤色に変更)
  • 例3:解析に影響を及ぼさない体積の小さな要素を別レイヤに自動で分類

完全な3D図面変換

CADに保持されている3DアノテーションをCADからENF、またはENFからCADへ変換できます。3Dアノテーションを、見た目だけではなく、属性として変換しているため、変換先のCADにて、3Dアノテーションを編集することが可能です。また、3Dアノテーションと形状要素との関連も保持されているので、変換先のCADにて、3Dアノテーションが指示している形状要素を確認することが可能であり、指示内容の伝達ミスを防ぐことができます。また、CADの仕様の相違により、変換元の3Dアノテーションに対応する項目が変換先のCADにない場合も、代替となる他の要素へマッピングするなど、CAD間の仕様の相違をASFALISアダプタが吸収し、情報の欠落なく内容を変換することができます。

アセンブリ構造の自動ハンドリング

ENFのアセンブリ構造の組み換え、および、ENFに含まれる特定部品/サブアセンブリの抽出または削除を自動で一括して行うことができます。例えば、解析の際など、アセンブリファイルをひとかたまりで扱いたい場合に、アセンブリ構造組み換えのためのオプションを設定することで、アセンブリを1つの部品にまとめることが可能です。また、ENFから後工程で必要な部品やサブアセンブリを抽出し、新たにENFを作成することも可能です。その他に、後工程で不必要な部品が多数ある場合、部品名から不要部品を特定し、外部ファイルでそれらの部品名を指定することで、自動で削除することもできます。

  • 例:後工程に不必要な詳細部品(ネジ)を削除 (部品名が”STR-”からはじまる部品、または部品名が”-BIS”でおわる部品を削除)

解析用データ作成&データの軽量化

設計データをもとに解析を行う際、設計データには計算上影響が少ない詳細形状が多く存在する場合があります。形状簡略化コンポーネントは、設計履歴がないモデルに対してもフィレットや穴などの詳細形状を認識し、削除することで解析に要する計算時間を短縮することができます。CADデータに存在する極端に細いフェースの排除や、滑らかに接続されている曲面同士の接合により、形状を構成する面の数を減らすこともでます。また、外形抽出機能は、指定した視点方向から見えている外形形状のみを取り出しデータを軽量化するもので、梱包材用データやカタログ用のCGデータの作成を支援します。

比較による設計変更箇所の検出

ASFALISの形状比較コンポーネントを用いて二つのCADデータを比較することで、形状の差異だけなくPMIや属性情報の差異などCADに含まれるあらゆる情報の差異を漏れなく検出することができます。形状的差異については、穴径やフィレット径などの数値的な差異もリスト表示できます。アセンブリモデルに対しては、アセンブリ構造やパート名、パートの位置等の差異を検出します。さらに、PMIについてはセマンティック情報の差異だけでなく、フォントや矢先の位置の違いなども検出します。またPMIや属性情報の比較では、何を差異とするかを柔軟にカスタマイズすることができるため、不必要な差異まで検出されることはありません。

検出した差異は、Model Viewerで確認できるほか、3D HTML形式や3D PDF形式の比較結果レポートとして出力することができます。3D HTML形式や3D PDF形式のレポートは、特別なツールを導入することなく閲覧できるため他社や他部門との円滑なコミュニケーションを実現します。

Scroll