CADdoctor

生産要件検証オプション

製品データから金型の成形性、製品の生産性を検証し、検証結果のレポートを自動作成します。

抜き方向の指定

金型の抜き方向を指定するだけで、フェースを自動的に分類します。キャビティ、コア、アンダーカット、立ち壁などの領域を 自動的に認識し、その結果に応じて製品形状を構成するフェースの分類を行います。

・金型のパーティングライン(PL)の定義が不要

生産要件検証

金型の設計・製作にあたって検証すべき項目を自動で検証し、成形過程や成形後の製品品質に悪影響を及ぼす可能性のある箇所を自動で検出します。

[代表的な不具合]
・尖った形状など金型として加工できない部分
・抜き勾配が不足している部分
・肉厚が不足している部分
・アンダーカットなどの金型構造が複雑になる部分

検証結果のレポート作成

検証結果としてxml形式のレポートを自動作成します。レポートには検出項目、検出されたエラー数、各エラー箇所の画像などが分かりやすく記載され、社内外での情報伝達に使用可能です。

・抜き方向指定で分類したフェース種別はフェース色としてCADデータに出力可能です。

Scroll