CADdoctor

形状簡略化オプション

フィーチャ認識 / 消去

解析モデル作成や金型設計の用途において、作成履歴(フィーチャ・ツリー)の有無に係わらず、対象とする形状特徴(フィーチャ)を自動的に認識し、一括削除することができます。

フィレット認識 / 消去

半径を閾値としてフィレットを自動認識し、一括または個別に削除して、「角」の状態にします。

・閾値は上限・下限とも設定可能
・凹フィレット/凸フィレットを指定可能
・徐変フィレットやぼかし面も認識
・形状を認識後に、フィレットの相貫線を作成・編集することにより、フィレット削除後の形状を任意に変更可能

穴認識 / 消去

直径や幅を閾値として穴形状を自動認識し、一括または個別に削除し、穴形状を作成する前の曲面を再現します。

[すべての穴について]
・貫通穴と止まり穴をそれぞれ区別して認識
・認識した穴は内部空洞として形状を取り出すことが可能
・削除時に境界形状を保存可能

[丸穴]
・閾値となる直径を上限・下限とも設定可能
・断面が円形であれば複雑な穴形状も自動認識可能

[一般穴]
・スリットなど円形以外の穴を自動認識
・閾値となる幅の上限を設定可能

シート穴認識 / 消去

厚みのないシートデータに対しては、開口部分の最大幅を基準に穴を自動認識し、消去することができます。複数フェースにまたがっている穴や段差の途中にある穴でも自動的に認識し、1クリックで削除することが可能です。

ボス・リブ認識 / 消去

指定したフェース上の突起形状をボス・リブとして自動認識し、削除することができます。

・複数フェースにまたがるボス・リブも認識可能
・削除時に境界形状を保存可能

段差認識 / 消去

段差のある2つの平面の段差を消去し、1つの平面にすることが可能です。段差を消去する際には、周辺のフェースが延長または短縮され、フェースの連続性は保持されます。

・段差の距離を閾値として設定可能

外形抽出/内部空間抽出

アセンブリモデルの内部形状を削除し、外形を単一パートのソリッドモデルとして抽出します。軽量化されたソリッドモデルは設備設計用のワークモデル、シミュレーション向けの軽量モデルなどとして利用可能です。

・シート/ソリッド混在アセンブリモデルに適用可能
・穴やパート間の隙間、不要パートを自動認識・削除
・結合するパート間隙間の上限値を指定可能

外形抽出の技術を応用し、アセンブリモデルの内部空間をソリッドモデルとして抽出することができます。例えば、インテークマニホールドやエンジンブロック内を流れるエアやオイルの流体解析を行う際に、流路形状を自動抽出することでCAE用モデルを短時間で作成することが可能です。

フェース群のマージ

複数の細かいフェースに分割された形状を自動的に検出し、1つのフェースにまとめることができます。

・データの軽量化に貢献
・データの編集効率をアップ
・マージするフェース群を指定可能

Scroll