CADdoctor

データ検証・修正機能

CADdoctorは、SASIG/JAMA/JAPIA/VDAのPDQ(Product Data Quality)ガイドラインに完全準拠したデータ品質検証機能と検証結果に対応する修正機能を備えています。ものづくりの各プロセスで発生しうる問題を事前に検証・修正することで、高品質なデータを作成することができます。

PDQ検証機能

CADデータをインポートし「PDQ検証」アイコンをクリックするだけでSASIG/JAMA/JAPIA/VDAのPDQガイドラインに則ったPDQ検証を実施。 検出されたエラーは自動および手動コマンドで個別に修正することができます。

・PDQ検証基準をカスタマイズ可能
・エラー箇所のビジュアル表示
・エラー箇所の自動修正
・自動修正のカスタマイズ

データ変換機能

さまざまな種類のCADのそれぞれのデータ表現方法や構造、特性の違いを踏まえた、エリジオンの高度な形状処理技術により、IGESやSTEPによる変換では得ることのできない高精度で高品質なデータ変換を実現します。

・さまざまなCADソフトに対応する豊富な入出力オプション
・変換先のデータフォーマットに合わせた高度な自動検証
・エラー箇所の自動修正(ヒーリング)
・自動修正前後の形状比較
・複雑なエラーの修正をサポートする対話修正

形状比較機能

自動修正前後のごくわずかな形状の差異やフェースやエッジなどの構成の変化を、変換後すぐに確認できます。

*CADdoctorの自動修正では、独自のフェールセーフの仕組みにより、元データの精度の許容範囲内で形状が修正されます。
Scroll