InfiPoints

モデリング

InfiPointsは、3Dレーザースキャナで作成した点群データから自動で3D CADモデルを作成することができます。これにより、モデリングの時間・手間・作業負担が軽減するほか、現場採寸を繰り返すといったことが不要になるため、施工前の検討や資料・図面の準備の効率化を実現します。

モデル化したデータは、形状だけでなく長さや径などのパラメータを含めて出力することができ、BIMソフト等に受け渡すことでモデルの編集が容易に行えます。

配管モデリング

点群データから配管のCAD化を行います。直管やエルボーだけでなく、フランジ・レデューサなどを一括抽出できるほか、規格部品に自動置き換えすることも可能です。

また計測時の死角などで点群が一部欠落した箇所を自動で補完します。さらに新設の配管などを追加作成することもできます。

モデリングした配管は各種CAD形式や3Dアイソメ図として出力可能です。

  • 配管モデリング機能

設備モデリング

点群データから、設備や構造物の3D CADモデルを自動で作成することができます。

自動作成した3Dモデルを点群データ内で移動させながら、周囲の壁・設備との干渉の有無を確認し、既存設備の最適な搬出ルートを検討するといった活用が可能です。また、シミュレーション後の実際の施工準備においては、3Dモデルをもとに施工図を作成することで現場採寸の回数を低減させるなど、業務の効率化を図ることができます。

  • 設備モデリング機能

鋼材モデリング

点群内の鋼材の2面を指定することで、簡単に鋼材をCADモデル化することができます。

H形鋼・角形鋼・T形鋼などの一般的な規格サイズをもとにしたガイドが画面に表示されるなど、簡単なマウス操作で適切な鋼材をモデリングすることが可能です。

  • 鋼材モデリング機能

メッシュ作成

点群データから構造物のメッシュを自動で生成します。

作成したメッシュデータはSTL、VRML、OBJ形式で出力して各種CADに受け渡すことができるため、現場の設備などを手軽に3Dモデル化することが可能です。

作成した3Dモデルを用いて設備の改造やレイアウト変更の検討をコンピュータ上で行うことができます。

  • メッシュ作成機能
Scroll