InfiPoints

成果物作成

計測データを用いて検討した結果を、高品質な2D画像や動画として簡単に出力することができ、施工に関係する部署間やクライアントとの間でのコミュニケーションを円滑化します。

オルソ画像出力

実寸に対する縮尺を指定して高解像度の画像を出力することができます。画像出力時にサイズ(幅・高さ)をピクセルで指定できるほか、画像の中に任意の幅のグリッド線を表示して保存することも可能です。

出力した画像は紙に印刷して距離や寸法の計測に利用することができます。また他のツールにインポートして図面を作成する際の下書きとして使用することもできます。

閲覧用ファイル出力

他部署や取引先に配布するための閲覧用ファイルを出力することができます。データの閲覧者はビューワなどのプログラムをインストールすることなく、3Dでの寸法計測や断面作成を行うことができます。

注記

点群データ内の任意の点に対し、関連するドキュメントファイルなどへのリンクを注記できます。例えば、設備工事のシミュレーションを行う際、設置する設備の詳細情報を点群にひも付け、情報を一元管理することで、施工準備段階での検討を効率的に進めることが可能です。

ムービー作成

点群データを用いて高品質なフライスルームービーを作成することできます。大規模な点群データであっても、高画質のムービーを作成することが可能です。

CADデータと点群データを同時に表示できるため、工事後の状況を事前に説明する資料として活用できます。遠隔地の現場であっても明確なイメージを共有しながら工事の検討や商談を行えるため、工事計画や費用見積もりについて具体的な協議をすることが可能になります。

Rhino Plug-in

InfiPointsで作成した配管や鋼材などのCADデータをRhinoceros®に受け渡し、編集することができます。

またRhinoceros®の画面上に点群データを描画し、点群に沿って形状をモデリングすることも可能です。

事前にInfiPoints本体で行ったノイズ除去やレイヤ編集の結果が引き継がれるほか、 Rhinoceros®上での断面表示にも対応しているため、点群データで参照したい形状を確認しながらモデリングを行うことができます。

※ Rhinoceros®はRobert McNeel & Associates 社の製品です。
Scroll